調理師を目指すなら専門学校へ通うのがおすすめ

パティシエになったりホテルや高級レストランなどでシェフになったり、自分でお店をもったりなどしてお客さんに自分の料理を提供したい。そのように調理師として活躍したいという若い人、特に高校卒業後の進路として調理師を考えている学生は結構いるのではないでしょうか。

そのためには調理師の免許の取得は欠かせません。ここでは調理師免許を短期間で確実に取得できる方法をご紹介します。

調理師になるには

まずはじめに調理師になるためにはどうすればいいのか、ということを説明しておきます。調理師になりたくても具体的な方法を知っておかないとなれないですよね。基本的に調理師は勝手に自分で名乗っていいものではありません。

日本には調理師法という法律があり、調理師とはどういう人がなっていいのか制定されています。これによると調理師は都道府県の知事から調理師免許を与えられた人しかなることができないとされています。では、その免許はどうやってとればいいのでしょうか。

方法は2つあります。まずは2年間の実務経験を積んだ後に調理師試験に合格して免許申請を行う方法。次に、調理科のある大学か、専門学校を卒業して免許を交付してもらう方法です。

調理師になるためには、ただ単に調理師試験に合格すればいいというわけにはいきません。それぞれの方法について具体的に見ていきましょう。まず1つ目の2年間の実務経験を積んだ後に調理師試験に合格して免許申請を行うという方法です。

2年間の実務経験は、試験を受ける条件になっています。誰でも受けられる試験ではないという事ですね。この実務経験には色々基準がありますが、基本的にはウエイターやウエイトレス、パンやデザートの製造といった仕事は認められていません。

ただ、正規雇用でなくてもパートやアルバイトでも調理をする仕事であれば認められます。時間もフルタイムで働いている必要はなく、週に4日以上、一日6時間(または週に5日以上、一日5時間)働いていれば基準をクリアしていることになります。

次に2つ目の調理科のある短大か、専門学校を卒業して免許を交付してもらう方法ですが、これが調理師になるための一番の近道になります。何故なら上記の実務経験を積んで受験をする方法だと、免許を取得するのに最低でも2年以上の期間がかかります。

しかし、カリキュラム通りに学んで単位を取って学校を卒業すれば最短で1年で免許を取得することが出来ます。

しかも、試験に受かる必要もなく卒業した時点で必ず免許は交付されます。調理師免許は6割ほどの合格率なので、落ちてしまう可能性もあると考えると、こちらの方法の方がより早くより確実に免許を取得できると言えるでしょう。

調理師に向いている人

調理師になる以前に、本当に自分が調理師としてやっていけるのか、調理師に向いているのかを把握しておくのは大事なことです。期間をかけて調理師免許を取得したのに実際になってみると思っていたのと違う、自分には向いていないんじゃないか、などと考えてしまい辞めてしまっては元も子もありません。

調理師に向いている人を挙げていきますので確認してみてください。調理師に向いている人は次のような人です・忍耐強い人・味覚が優れている人・料理がしたい人それぞれ見ていきましょう。まず忍耐強い人、ですがこれは忍耐強さに加えてさらに体力があるかどうかも関係してきます。

料理人は基本的に1日中立って仕事をします。

オーダーを受けたものだけ調理するのではなく、朝早くから準備をし、夜遅くに片付けや明日の仕込みをしなければならない事もあります。

特に最初は修行をする身です。

先輩などから厳しい事を言われたり、数多くの雑用を押し付けられることもあります。

最初から料理ができるわけではないのです。それでも調理師を続けていける忍耐力が必要になります。次に味覚に優れている人。これは料理人であれば必要不可欠の能力です。調理人はお客さんに毎日同じ味を提供しなくてはなりません。

そのためには天才的な舌、とまではいかなくても普通の人が普段気にしないような細かい味の違いを感じ取ることができる必要があります。持って生まれたものだけに頼るのではなく、調理人になったあとも味覚を高めるために努力できるかどうかも重要になります。

最後に料理がしたい人。これは絶対に外せません。当たり前ですが料理が好きで、自分の料理をお客さんに提供したくて、そして何より料理が好きで料理がしたくてたまらない人でないと調理師は務まりません。上記でも述べましたが調理師になるには忍耐力や努力が必要不可欠です。

生半可な気持ちでは続かないものと思ってください。本当にこの仕事が好きでないと、続かないのです。

調理師に向いていない人

次に調理師に向いていない人についても説明します。当てはまる場合は一度しっかりと調理師という職業に向き合ってよく考えましょう。それでも調理師を目指したいのであれば、少しでも該当する自分の特徴を改善することをおすすめします。

調理師に向いていない人は次のとおりです。・朝が苦手な人・調理師の仕事が楽そうだからなりたい人・努力や試行錯誤が苦手な人それぞれ説明します。まず朝が苦手な人。これは調理師になるには場合によっては向いていません。

調理師の仕事は朝早い場合が多く、また縦社会の厳しい世界です。どの仕事でもそうですが朝寝坊による遅刻は厳禁です。夜遅くまで働いて翌日も朝早くから仕事、という事もあるので朝が苦手な人は少し考える必要があります。

ただ、仕事の開始時間はお店によって違うのでもしどうしても朝早くの仕事ができそうになければそういった店で働く事を避けましょう。

次に楽そうだからこの仕事を選ぶ人。

これは論外です。

先程から繰り返し述べてますが調理師の仕事は厳しく、大変です。もちろんその分やりがいもあり多くの人の憧れの職業でもあります。ただし、それだけ努力と忍耐が必要ですので楽そうだからと高をくくっていると痛い目に会うことでしょう。

それでも調理師の仕事をしたいのかどうか、今一度よく考えてみてください。最後に努力や試行錯誤が苦手な人です。ここで言う努力は上記で述べたものとはまた別の意味での努力です。調理師はお客さんに料理を提供する身ですので常に美味しい料理を提供したいという気持ちを持っていなくてはなりません。

しかし気持ちだけで料理は美味しくなりません。専門的な知識と技術、そしてセンスが必要です。これらを磨くためには何度も何度も料理をし、どうすればもっとよくなるか研究しなくてはならないのです。そのための努力と試行錯誤をしたくない人、できそうにない人は調理師には向いていないのではないでしょうか。

調理師になるには大学と専門学校どちらが有利か

先程調理科のある大学か専門学校を卒業して調理師免許を取得する方法があることを説明しましたが、大学と専門学校ではどちらに通うのが有利になるのでしょうか?ここではそれぞれの特徴とデメリットについて説明していきます。

それぞれの特徴を把握して自分の進むべき進路をよく考えましょう。まず大学についてです。大学では調理師養成施設に指定された学校を選ぶ必要があります。ここで該当する学部を卒業すると免許を取得できます。ただし、デメリットは卒業までに4年間という時間がかかってしまうことです。

そこでより早く卒業するために短大に行くという方法もあります。しかし短大にもデメリットがあり、4年制大学にもいえるのですが、受けなければならない授業が多いので調理師になるための勉強以外の事も学ばなくてはなりません。

また学科によっては卒業後に取得できる資格が栄養士などの調理師の資格ではなかったりする場合があります。入学前によく確認しておく必要がありますね。次に専門学校についてです。専門学校では調理師になるためのカリキュラムのみが用意されており、それだけに集中して学ぶことができます。

卒業までの期間も短く、最短で1年で卒業できるところもあります。大学に通うよりも専門的に学ぶことができるだけでなく早く確実に調理師の免許を取得できます。ただし、調理師以外の就職する場合は大学と比べて不利になるので本気で調理師を目指すという気概と覚悟は必要です。

しかし本気で調理師を目指す人であれば大学に行ったり実務経験を積んでから試験を受けるよりもおすすめの方法になります。

調理師になるための専門学校選びのコツ

調理師になるために専門学校へ通う場合、どういった学校を選べばよいのでしょうか。調理師免許の取れる学校はたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。ここでは学校選びのコツについてご紹介します。専門学校選びで重要なのは学科が充実しているかどうかです。

学校によっては様々な学科コースが用意されたおり、和食、洋食、中華、デザードなどなどジャンルを絞ってじっくり学ぶことができたりします。自分の目指す道がはっきりしている場合は特にそのような学校を選ぶとよいでしょう。

(群馬で夜間の専門学校を探す)